AlfrescoとMicrsoft Office 2010の問題

AlfrescoとMicrsoft Office 2010の問題

Alfrescoは、ホームページ上のドキュメントから、オンライン編集という方法を使ってファイルをダウンロードすることなく編集することができます。
これは、Microsoft の SharePointという製品と同等のファイル取得方法をAlfrescoが実装しているため可能になっています。

わたしの職場でも、Microsoft Office を使用していますので、この機能があることによって作業効率が飛躍的に向上しています。
でも、Office 2010 を使用しているパソコンでは、Office でファイルを開こうとすると、Officeがフリーズして落ちてしまいます。

職場のパソコンはOffice 2010をインストールしているものがほとんどなので、これじゃあ不便といろいろ調べたんですが、なんとマイクロソフトのOfficeのセキュリティアップグレードをすることによって、この現象が起きているようです。

参考: https://community.office365.com/ja-jp/f/347/t/414294

パソコンのWindows Update より、KB3055034に該当するアップデートファイルと、KB3054886に該当するファイルをすべて削除すると、オンライン編集ができるようになりました。

また、再起動すると自動的にせっかく消したファイルを再度インストールしてしまうので、Windows Updateの更新ファイルを表示しない設定にして、自動的にインストールされないようにする必要があります。

それにしても、AlfrescoならまだしもMicrosoft SharePointに接続できなくなるって、自社製品にログインできないってことになるので、パッチリリースが必要なんじゃないですかねぇ。MSさん。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です