Wicketでユーザー認証

Wicketでユーザー認証

Applicationの代わりにAuthenticatedWebApplicationを使うと、Wicketでユーザー認証と利用者権限のコントロールのできるWebアプリが簡単に作れるとのことで早速やってみた。

でも、ログインページをすっ飛ばしていきなり中のページが表示されてしまう。ユーザー認証してないからログインページにいかないとおかしいんだがなぁ。

しばらくサンプルコードみてたら何となく理解した。Webページ側に利用者権限を示したアノテーションがいるんじゃん。アノテーションつけてないから全員見ていい事になってるっぽい。

たぶんこれでイケるはず。
結果は後ほど報告します。

追記
うまく行きました!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です







このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください