11万円以下でPOSレジを入手する方法! Android編

便利なPOSレジが欲しい

POS (Point of Salse) の名のとおり、リアルタイムに販売状況、在庫の動向を確認するためにPOSレジを使うと便利なのはよくわかります。でも、POSレジはとても高価なものが多いので、小さなお店やフリーマーケットで商売をする方にとってはなかなか手が出ないものです。

とあるプロジェクトで、POSレジを使う必要が出てきたのですが、お付き合いのあるサプライヤーの方に見積もりをとると、1台50万~70万という金額が出てきました。今回のプロジェクトはうまくいかなかったら撤退もありうるため、このように大きな出費は高リスクとなってしまいます。

何とかPOSレジを手に入れないかと模索をしたところ、この方法ならいけそうだということが分かりました。

クラウドサービスを利用する

iPadやAndroidのタブレット端末には、安価で使用できるレジのソフトがあります。その中でも、クラウド上に集計データを収集することで、レジだけでなく、本部でも売り上げ集計をリアルタイムに把握することができるものがあります。

Android端末を利用する

iPadは使っているとおしゃれなのですが、端末自体が高価です。したがって、AndroidタブレットのLenovo Yoga Tablet 10 を選択することにし、ソフトウェアにはリクルート社が提供しているAirレジを採用することにしました。

yoga タブレットは端末自体にスタンドがついたタイプなので、設置をすることも簡単です。また、LTEに対応しているので、安価なデータ通信用SIMをつければ、毎月700円程度で、どこにレジがあってもリアルタイムに売り上げ集計を見ることができますし、配達の時に、カーナビとしても使えます。

レジの利用方法を確認するため、先にタブレットを購入してAirレジを検証していたのですが、しばらくするとAndroid OSは今後サポート対象外とするという、一方的な通告が入ってきたので利用できなくなりました。

なんてことするんじゃ、リクルート。

仕方ないので、他を探したところ、Square というソフトウェアがあることが分かりましたので、これを採用しました。このソフトウェアは、4,900円の専用カードリーダーを端末に増設することで、クレジットカードの決済にも対応できるようになるソフトウェアです。将来、クレジットカードが使いたいお客さんが出てきたときにも、対応が簡単になります。

レジのハードウェア

残りのレジを構成するハードウェアは、キャッシュドロワー(お金をためておく部分)とレシートのプリンタです。Squareで動作するものを探すと、キャッシュドロワーにBC-DW330M-B という比較的小型のタイプ、プリンタには TSP143GT というUSB接続するタイプのものがあります。

iPadをつかうと、Bluetoothで接続することができるのでちょっと悔しい気がしますが、よく考えると利用するメンバーはBluetooth接続が途切れた時に、自力で再接続するスキルがないメンバーです。したがって、USBで接続するほうがよさそうです。

ただ、タブレットをUSBで周辺機器とつなぐには、OTGに対応したUSBハブが必要になりますので、追加で購入します。

さらに、バーコードリーダがないとPOSの便利さがなくなってしまうので、Symbol LS2208という動作確認のとれているバーコードリーダも追加です。

いったいいくらだったのか?

これでかかった費用は、

合計: 103,440円 + 努力と根性 でそろえることができました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です